Go Go Round the Spiral Life !!

〜 ポレポレ マクロビオティック セイカツ 〜
     日々の生活、日々のごはん。
   ゆっくり、のんびり、地に足つけて。

** コメントいただくと、飛び跳ねるくらいうれしい **
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * * - * - *
転がる石と日々。
 さて、日々の過ぎるのが早いこと。

3月から、とあるマクロビオティックレストランで働いています。
本当はキッチンで仕事できたら良かったのだけれど、
募集が無かった為、ホールです。

元々、好きなお店だったし
ここで働けたら良いなぁ、とも思っていたので
日本へ戻って、仕事を探しはじめた途端に募集を見つけてラッキーでした。



職種や、業種にとらわれず
自分で学ぼうとすれば、吸収できることはどこにでも沢山あって。

盛り付けやメニューのアイデア、
お客様や素敵なスタッフ達との会話など、楽しんでいます。

朝から夜遅くまで働くことも多いけれど(飲食業の性…。)
家でごろごろしてるより、心がスカーンと晴れ晴れしい!

何か、調子出てきたかも!!



…と、テンションが上昇してきた矢先。



なんと、GW明けにお店が閉店することになってしまいました!

いやはや、びっくり。



いつもランチ食べにくるあのおじさんや、
次の楽しみに、と言いながらメニューを選ばれる、笑顔の素敵なあの女性。

お客様のことを思うと、やっぱり、切ない。

雑誌などに取り上げられることも多々あるお店ですので、
遠方から来てくださる方もいらっしゃって。

こういった食事ができるお店は、やはり貴重ですから。
(私だって、困る。)



とはいえ、人生。
   そんなこともあるよね。

相反して、
マイペースぶりに拍車がかかった私のノンビリっぷり。


さてさて、次は何をいたしましょうか。
Spiral of Everyday Life * 14:35 * comments(4) * trackbacks(0) *
お久しぶり…
 の、更新です。

あれー、年明けちゃってる。
って遅すぎ!!

とりあえず近況報告を。



●年末に、相方ができました。
   これについては追々。
   ここがいま一番忙しい部門…。


●1月から2月にかけて、KIJのレベル1へ行ってきました。
   山梨県小淵沢で3週間。
   
      雪が降っていたので、だるまカップルをせっせと作ってました。
   思ったより寒くなかったな〜〜。

   いやいや、もちろん
   みっちりマクロビオティックに浸かる毎日。
   
   素敵な、これからも大切にしたい出会いがたくさんあり、
   ほんとうに特別な空間だなぁと感じるとともに、
   いまの私にとって大切なのは日々の生活だと再確認。
  
   学ぶことはもちろんだけど、
   アウトプットしなきゃもう入らない!ようです、私。
   
   なんかするぞ〜〜!
        と意気込みながら、カラカラとまわる感じもしつつ。





  何だか慌ただしい日々で更新が滞ってしまいました。
  いや、忙しいを言い訳にするのは良くない!
  忙しい = “心を亡くす”こと だもの。

山梨で行った、あこがれの『ごぱん』さんとか!
もう少ししたらアップするので…お待ちください。ね。

Spiral of Everyday Life * 11:37 * comments(2) * trackbacks(0) *
年の瀬パーティ☆
おうちで、ロシアン料理パーティ しました!

1品だけ魚、デザートにチーズ含む、他はべジごはん。
とりあえず、ご紹介。

081227_1432~01.JPG
  ●ボルシチ
     写真がなかった。ので、ビーツの断面図を…。
     ボルシチは、ロシア料理の定番!
     真っ赤なビーツで作る、きれいなスープ。
     ロシアの味噌汁か!?


手前から、

  ●ピロシキ(じゃがいも、キノコご飯、キャベツの3種類)
     ロシア料理の定番2!
     日本ではミンチのイメージだけど、
     本場でも具の種類は豊富!

  ●きのこの塩漬け
     簡単なのに、評判よかった。常備食にいいかも〜。

  ●ロールキャベツ(木の器のやつ。)
     具はセイタンのミンチで。
     後で「今日はお肉なしだよ。」と言ったら、
     お客さんが本当にびっくりしてて嬉しかった一品。


  ●ピルメニ(ウクライナの水ギョーザ)
     これも定番。具はジャガイモ。
     お肉入りだと“ワレニキ”という名前になります。


  ●毛皮のコートをまとった“さば”
     基本は、ニシンで作る。
     鯖のしめたやつを、ポテトサラダとビーツサラダでサンド!
     ケーキみたいに可愛いけど、美味しいサラダでハマります☆


手前から、

  ●スィルニキ
     チーズお焼き?おいしいです。

  ●プリャニキ
     これも、定番。
     ロシア、中央アジアあたり、どこでも買えます。
     ビスケットとスコーンの中間のような… 大好き!


初めてビーツを使って料理。
向こうで食べてる時から大好きだったから、嬉しかった!

3日前からの仕込みも楽しくて、新鮮な気分でお料理。
新しい世界が広がったかも!

またやりたいな〜^^

ウチゴハン * 19:58 * comments(0) * trackbacks(0) *
ナタラジ 梅田店
ブリーゼブリーゼというのが、梅田に出来たらしい。
ぜんっぜん、知らなかった。
町の景色ってほんとにどんどん変わってくなー。

という訳で、久しぶりにソトゴハン!


自然派インド料理 『NATARAJ
Add :大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼブリーゼ 5F
Tel :06-6343-6477
Open:11:00 〜 23:00 (ランチ 15:00 まで)

ベジタリアンのみのインド料理店。
(ちなみに、インド式ベジタリアンなので、乳製品は使用。)

大豆グルテンを使用したカレーや、
なんとマクロビオティック対応メニューまであるという。

玄米は無農薬のもの。
野菜も季節によって自家菜園のもの。
チャパティもあるのだ!
(個人的にナンよりチャパティ派なので、
 これのあるお店はひいき目に見てしまうかも…。)

でも、お値段はちょっと高めです。
けど、ランチなら!

081217_1149~01.JPG
ランチブッフェ ¥1,250

カレーは4種。
 サンバル、ムング豆カレー、かぼちゃの甘いカレー、
 カリフラワーとじゃがいものカレー
081217_1149~02.JPG

国産小麦で天然酵母のナン、
サフランライス、なすのパコラ、
サラダ、デザートにコーヒー、紅茶。

もちろん、すべて食べ放題です。

カレーは、そんなに、というか全く?辛くなかった。
スパイス効いてるのに優しい味。

インドでアーユルヴェーダしているときに
毎日いただいてたカレーに似てる。
あれ、美味しかったもんなぁ。

食べた後も、すっきりして、何だかとっても気に入った。

ナンも、日本のインド料理屋さんにありがちな
もっちもちしてやたらお腹にたまるナンではなく、
薄いとこと、もちもちのとこのメリハリがちゃんとある。

あぁ、やっぱり気に入った。
ディナーも食べてみた〜い。

ここはきっとまた来ます!
ソトゴハン * 15:18 * comments(2) * trackbacks(0) *
お家へ、
たどりつきました。

鹿児島を朝6時半に出て、
大阪には夜10時ごろ着!

1日で帰れたらいいなー、とは思っていたけど
まさか本当に帰れるなんて!

最後の7時間くらいは、
福岡から名古屋へ帰るトラックにずっと乗っていました。
まるでお家の中のような車内でした。

ありがとう、みんな!
 日本 * 15:11 * comments(0) * trackbacks(0) *
苔と光と風と、雨。
屋久島へ行ってきました。
いつもながら、何の情報も無いままにふらふらと、5日間。


そのうち3泊は、山の上の小屋で。

白谷雲水峡の もののけの森 や、
屋久杉を見に行かれる方が多いのだろうけれど、
もちろんそれは素敵だったけれど、



一番気持ちよかったのは、やっぱり山のてっぺん!





標高1,500mを超えると森や草木の表情が全然ちがう。

 
   背の低い木々の向こうに、ごろごろと岩が転がる。
        遠く、ぐるりの海が光をはねる。



あーーーーっ、もうここで1日ねっころがってたい!!

   などと思うけれど、暮れ行く太陽と、迫る闇は容赦なし。



永田岳から花山登山道のあたりは道が悪くて、
山を下りる最後の1時間はかなりダッシュかけました。
(ほんとに、天然アスレチックみたいな道だった!)

何とか日暮れギリギリに道路まで出てこれたけど、
町はずっとずっと下の方。
ここは、車が通るような道には見えない。

仕方なく、疲れた体でとぼとぼ歩いていると、後ろから照らす灯り。

なんと、山小屋の管理人のおじいちゃん!
(朝、うちらが小屋でご飯食べてるときにのぞいてった方でした。)

もう40年、毎日山を登って小屋の見回りをしているのだとか。
…何という体力。70歳だって!!

おじいちゃん曰く
「花山の道は、普通、初めての人は通らないよー。
 何度かほかの道練習してから、挑戦するのだもの。
 それにしてもあんた達、下りるの早かったじゃない。」

あぁ、そうなのか。そうだよね。
だって、どんな道かなんて知らなかったんだもの…。
まぁ、樺太でのサバイバルに比べれば……いや、でも、しんどかった!!


その後、無事町まで送っていただき、お風呂で極楽気分。
テントでぐっすり寝ようと思ったのだけど、
おじいちゃんが教えてくれた、寒波とやらが到来してくれ、
テントは吹き飛ばされんばかりの勢いで踊りまくる。

このまま飛ばされて、テントごと家へ帰りたい…
 などと、妄想していました。

そして、翌日の船は欠航。
山にいるときは毎日ぴかぴかのお天気やったのにぃ。


九州へ戻ったら、がっつり大阪めざします!


ヤクザルと、ヤクシカ。  仲が良い!
 日本 * 14:34 * comments(0) * trackbacks(0) *
<<new | 2 / 40pages | old>>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
Search this site.
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
こころ、揺さぶる。
映画『おいしいコーヒーの真実』 だいもんだいちず
OTHERS