Go Go Round the Spiral Life !!

〜 ポレポレ マクロビオティック セイカツ 〜
     日々の生活、日々のごはん。
   ゆっくり、のんびり、地に足つけて。

** コメントいただくと、飛び跳ねるくらいうれしい **
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * * - * - *
お家へ、
たどりつきました。

鹿児島を朝6時半に出て、
大阪には夜10時ごろ着!

1日で帰れたらいいなー、とは思っていたけど
まさか本当に帰れるなんて!

最後の7時間くらいは、
福岡から名古屋へ帰るトラックにずっと乗っていました。
まるでお家の中のような車内でした。

ありがとう、みんな!
 日本 * 15:11 * comments(0) * trackbacks(0) *
苔と光と風と、雨。
屋久島へ行ってきました。
いつもながら、何の情報も無いままにふらふらと、5日間。


そのうち3泊は、山の上の小屋で。

白谷雲水峡の もののけの森 や、
屋久杉を見に行かれる方が多いのだろうけれど、
もちろんそれは素敵だったけれど、



一番気持ちよかったのは、やっぱり山のてっぺん!





標高1,500mを超えると森や草木の表情が全然ちがう。

 
   背の低い木々の向こうに、ごろごろと岩が転がる。
        遠く、ぐるりの海が光をはねる。



あーーーーっ、もうここで1日ねっころがってたい!!

   などと思うけれど、暮れ行く太陽と、迫る闇は容赦なし。



永田岳から花山登山道のあたりは道が悪くて、
山を下りる最後の1時間はかなりダッシュかけました。
(ほんとに、天然アスレチックみたいな道だった!)

何とか日暮れギリギリに道路まで出てこれたけど、
町はずっとずっと下の方。
ここは、車が通るような道には見えない。

仕方なく、疲れた体でとぼとぼ歩いていると、後ろから照らす灯り。

なんと、山小屋の管理人のおじいちゃん!
(朝、うちらが小屋でご飯食べてるときにのぞいてった方でした。)

もう40年、毎日山を登って小屋の見回りをしているのだとか。
…何という体力。70歳だって!!

おじいちゃん曰く
「花山の道は、普通、初めての人は通らないよー。
 何度かほかの道練習してから、挑戦するのだもの。
 それにしてもあんた達、下りるの早かったじゃない。」

あぁ、そうなのか。そうだよね。
だって、どんな道かなんて知らなかったんだもの…。
まぁ、樺太でのサバイバルに比べれば……いや、でも、しんどかった!!


その後、無事町まで送っていただき、お風呂で極楽気分。
テントでぐっすり寝ようと思ったのだけど、
おじいちゃんが教えてくれた、寒波とやらが到来してくれ、
テントは吹き飛ばされんばかりの勢いで踊りまくる。

このまま飛ばされて、テントごと家へ帰りたい…
 などと、妄想していました。

そして、翌日の船は欠航。
山にいるときは毎日ぴかぴかのお天気やったのにぃ。


九州へ戻ったら、がっつり大阪めざします!


ヤクザルと、ヤクシカ。  仲が良い!
 日本 * 14:34 * comments(0) * trackbacks(0) *
高千穂
081126_1109~0001.jpg
高千穂峡はツアー客が多くて、少しげんなり。
ボートもごんごんぶつかってた!

でも、高千穂周辺の村の雰囲気は大好き。
神話の街で有名だからか、どこか空気が凛として。

住んでる方々も優しい。
神社内にテントをはらせていただきました。
寒いけど屋根はあるので、雨でも平気!

天安河原はひっそりとしていて、とても気に入りました。
いーっぱい石が積んであった。

081126_1630~0001.jpg


温泉は26(フロ)の日で半額だったし、
ぽっかぽかで明日もきっと良いことだらけ!
 日本 * 08:32 * comments(2) * trackbacks(0) *
さぬきうどん
おいしい。
081115_1222~0001.jpg
食べかけで、ごめん。


徳島の鳴門から、香川経由で高知のお友達宅へ。

正食協会で出会った彼女とは
付き合いが短いにもかかわらず、素でしゃべれてしまう。
不思議。

とてもお世話になっちゃった。
ありがとう。

そして、いの という駅をおり
仁淀川と町の雰囲気に一目ぼれして、そのまま194号線を北上。

四万十川と足摺岬行こうと思ってたけれど、すっとばしちゃいました。

いの、かなりおすすめ!

いまは愛媛にいます。
明日、本州へ戻ります。
もっと四国満喫したかったけど…また来ればいいさ!

だいぶと冷え込んできましたね。
テント泊が厳しくなっちゃう〜〜。
 日本 * 20:17 * comments(3) * trackbacks(0) *
淡路島、
に、います。

大阪に帰ってしばらくボサ〜っとしてました。

毎日、食べたいものが食べられるって有り難いなぁ。

そうそう、作務衣を作りました。

着物なんて初めてだったけど、ほんと良くできてるなぁと感心。
楽しかったので、きっとまた作ります!


で、今日から日本南下開始。

電車で神戸の垂水まで出て、
そっから明石海峡大橋のバス停にのぼる。
ここでヒッチハイクは無理だったので
バスで淡路ICまで。

観覧車がまわってた。081113_1555~0001.jpg


花博以来の淡路島、意外と近い。
交通費も千円ちょいやった。

いま五色浜近くのキャンプ場でご飯食べてます。

満月、まぶしい。

明日は四国かな。

のんびり行きます。
 日本 * 19:07 * comments(0) * trackbacks(0) *
帰国だよ!
10月22日付にて、とりあえず、帰国いたしました。

予想以上にサバイバルな旅でしたが、
樺太の手付かずな自然を堪能してきました。
何か、私、どんどん野性的になっていくような…。


という訳で、

ヒッチハイクで稚内から南下し、1週間かけていま福島県。

以前ウーフでお世話になった 『銀河のほとり』 さんに来てます。
ずーっと再訪したかったんだよ〜〜。

1年半近く会っていなかったので、
店主さんと対面したときは思わずハグしちゃいました。

相変わらずここの皆は面白い、暖かい。
ごはんもうますぎーーーで、また増量しちゃうかも…。



 ロシアだろうが日本だろうが、
 言葉が通じようが通じまいが、

  どこに行っても、必ず誰かが助けてくれる。

  なんでかな、ありがたいな。


そんなことを再確認。

と同時に、己の心の小ささにもぶち当たりまくった、そんな旅でした。
あぁ、でっかい人になりたいわ。なんて。

落ち着いたらまた樺太日記書く…つもり、です。

この後は大阪目指します!
家帰ったらのんびりお料理がしたいな〜☆
 日本 * 21:25 * comments(3) * trackbacks(0) *
急ぎ足、北海道。
昨日の夜、小樽港に船が着き、一泊。

早朝に出発、ヒッチハイク開始!

いや〜、北海道。
ベストヒッチ日本!の噂は本当だった!!

車が少なくて、大丈夫かな〜と心配したけれど、
なんと最大待ち時間5分程度。

なまら良い人ばっかりだ!

結局、稚内着が14時半。
400キロ弱を、8台で7.5時間ほど。
予想以上に早かった!

奥地の三角点(地図にある山頂の三角マーク)を回って
一緒に写真をとるというナイスな趣味の人、

『うちの息子も自転車で日本縦断してねぇ』
と言って、向こうから止まってくれたご夫婦。

台湾から移住して20年、
初山別を愛する笑顔が素敵なおじさん。

日本拳法を教える"本気で強い人は優しいのだ"
という見本のようなお父さん。
(師匠はK1で角田さんの前のレフェリー!)

オロロンラインに広がる水平線と大地、
利尻富士を眺めるに相応しいトラックの優しいおじさん。
お昼ご飯もご馳走になったうえ、
宿まで乗せてくれました☆

などなど、個性的な人たちと楽しいひと時を過ごしました。

本当にありがとう!
北海道、やっぱり大好き!!!!


そして、泊まったライダーハウスにいた
徳島からのライダーさんが、夕日と夜景を見に連れていってくれました。

せっかく北海道に来たというのに、
早足で移動しただけだったので、すごく嬉しかった!
ありがとう!!


明日の朝、稚内から樺太へ渡ります。

5時間の船旅。

お客さんはほぼロシア人らしい。
入国の待ち時間が凄いらしい?

樺太のちらちら煌めく夜景を見ながら思ったこと。

待ってろ、樺太!!

では、ちょっと行ってきまーす☆
 日本 * 00:06 * comments(0) * - *
会津若松
午後から芝ちゃんと会津若松へ。

漆器屋をたくさーん回りました。
器をみるとワクワクします。
お椀もいいけど、木でできたお茶碗がとっても可愛かった〜。
いつか手にいれよう!

ところで漆ってすごいんですね、知らなかった。
丈夫だし、傷んだら何度も塗り直しができて、まさにエコ!
しかも、つるすべな手触りがたまらない〜。

だけど、ここでも中国産のものが増えているらしい。
何でもかんでも安いからと飛びついて、国の大切な技術も絶えようとしている。
国産のものにこだわっているお店の方たちとお話していると
勉強になることがたくさんありました。

お姉さんの雰囲気がほんわかしてて気に入ってしまった漆器屋さん。
ちょうど大阪で展示会をするというので帰ったら行ってみよう☆

名物だという、お蕎麦も食べてきました!
ずーっとうどん派だったのですが、最近お蕎麦も好きです。
ちょっと陽性化したのかなぁ。

厚揚げの田楽もめちゃうま〜!
070607_2344~0001.jpg070607_2345~0001.jpg
 日本 * 23:39 * comments(0) * trackbacks(0) *
さよなら、沖縄 
今日で大阪へ帰ります。

はじめての沖縄は
わたしのこころに
しっかりと刻み込まれました。

たくさんの出会いに感謝。
続きを読む >>
 日本 * 13:00 * comments(0) * trackbacks(0) *
竹富島
竹富島で一泊。

061218_1240~0001.jpg

いわゆる、沖縄な風景。
島の方みんなで、この景観を守っているのです。
朝晩は必ず、ほうきで道を掃除されています。

とても美しい島です。
続きを読む >>
 日本 * 19:31 * comments(0) * trackbacks(0) *
<<new | 1 / 2pages | old>>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
Search this site.
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
こころ、揺さぶる。
映画『おいしいコーヒーの真実』 だいもんだいちず
OTHERS